保育士の資格取得を目指すなら大学へ行こう!|教養教科が魅力

保育士

専門学校に通うメリット

勉強道具

子供が集団生活の中で様々なことを学ぶことができる幼稚園は、子供の育成のためにとても重要なものです。そんな幼稚園で保育士として働きたいのならば専門学校に通ってみることをオススメします。保育士として必要な知識やスキルを効率的に学ぶことができて便利です。

詳細を読む

子どもに関わる仕事をする

笑顔の保育士

保育士の資格は主婦にでも取ることができます。年齢制限がないので独学で試験を受けることができます。また通信教育で勉強ができます。試験科目は8教科もあるのでまんべんなく勉強する必要があります。保育士が人気なのは子どもに関わる仕事だからです。専門の学校へいくと自動的に資格が取れるのも人気の理由です。

詳細を読む

様々な進路

勉強中の人

専門学校で学ぶ

保育士になるには大学もしくは専門学校に進学して保育士の資格を取得することが必要です。最短であると専門学校が挙げられ2年で資格を取得可能になります。専門学校であると3年制のコースを設けている学校もあり、しっかり時間をかけて学びたいと考えているのであればこちらを選択するのも一つの手段です。大学ではなく、専門学校に通って保育士の資格を取得することのメリットに関しては、やはり大学よりも1年から2年早く資格を取れる点や保育士になるために必要な知識だけを専門的に学べる点が挙げられます。また、大学であると受験が必須ですが専門学校であるとAO入試などもあり、早い人であると10月にはもうすでに入学を決めることも出来ます。

学歴を身につけるなら

大学に通って保育士の資格を取得する点ももちろんメリットがあります。大学は4年間であるのでじっくり時間をかけて必要な知識を身につけられ、保育にとらわれることなく幅広い知識を学べます。また、専門学校は学歴として認められる場合が少なく、大卒という学歴を身につけられるというようなメリットもあります。短大はどちらかというと専門学校と同じような扱いになると考えておくと良いでしょう。しかし、もちろんこちらの選択には人によってはメリットに感じないかもしれません。専門学校に進学する場合は、後々の進路変更が難しくなるところがあります。しかし、専門学校は就職に直結しているので、就職活動の際に有利に働くことがあります。また、一部の大学では専門学校と比べて就職先の紹介が少ないところがあります。しかし、多くの大学は就活サポートを徹底的に行なっているので、就職先が不安な方は進路指導を積極的に行なっている大学を選ぶことが大切です。

資格を取得するための学校

このように、保育士として就職するにあたって資格取得をしておくことは多くのメリットがあると言えます。資格の取得を目指すのであれば、厚生労働大臣指定の保育士養成施設となっている大学に通うのがおすすめです。大学であれば専門の勉強のほかにも幅広い教養を学ぶことができます。ほかにも短期大学や専門学校でも資格取得は可能ですが、より多く教養を身に付けたいのであれば、大学がよいでしょう。

幼稚園教諭の取得も

男性

保育士は、給料アップや昇給システムの見直しが図られ、待遇改善が期待できる仕事です。幼保一元化政策が進められていますから、学校選びは幼稚園教諭も取得できる学校をお勧めします。最終学年に進級して間もなく実習が始まります。早く現場に出るのがよいか、じっくり学びたいのかで進路先も変わってくることでしょう。

詳細を読む